イベント&講演

2019.09.15

東京2020公認プログラム「SAGAスポ!」の開催を通じて、Xスポーツの魅力を発信しました


「知ろう!みんなのこと。楽しもう!いろんなこと!」をテーマに、2020東京公認プログラム「SAGAスポ!」は、9月14日(土)から9月15日(日)の2日間開催され、述べ10,500名の来場者数を記録しました。舞台となった会場は、今年4月にオープンした嬉野市中央体育館(U-Spo)です。佐賀県・嬉野市とNHK佐賀放送局が主催する本イベントにおいて、JCSは「SAGA X-SPORTS FES」エリアのXスポーツ体験&実演コーナーを企画し、各種イベントを運営しました。

  • 「Ball Beat Crew」のフリースタイルフットボールに注目する観客 「Ball Beat Crew」のフリースタイルフットボールに注目する観客

エクストリームスポーツ(略:Xスポーツ)は、世界のスポーツ市場では“メジャーな種目”として広く浸透しており、2002年のソルトレイクシティオリンピック以降の大会で「競技種目」として採用されています。日本でも若者を中心に人気を集めていますが、認知度が低いアンダーグラウンドなスポーツとして見られる傾向が強く、一部のコア層の支持を得られているのが現状です。そんな中、佐賀県スポーツ課は、人間の力を極限まで引き出すことで人々に感動を与えられる競技(Xスポーツ)の素晴らしさを発信するため、「SAGAスポ!」を実施されました。

今回は、現役アスリートが出演する「パフォーマンスショー」や、3人制のバスケットボール「スリー エックス スリー」のデモンストレーション等、魅力溢れる多彩なアクティビティを通じて、子ども達の嬉々とした表情が溢れる中、フィナーレを迎えることができました!

  • 世界大会3連覇の「REGSTYLE」によるダブルダッチ 世界大会3連覇の「REGSTYLE」によるダブルダッチ
目が離せない!BMXフラットランドのライブショー
目が離せない!BMXフラットランドのライブショー
「KARATSU LEO BLACKS」による迫力の競技デモ

夢中になれる!Xスポーツ体験

欧米発の新感覚スポーツ「スラックライン」や、東京2020オリンピックから正式種目に決定した「ボルダリング」、足技で魅せる「フリースタイルフットボール」、華麗な技で人気の「ストリートけん玉」等、JCSは複数のブースでXスポーツ体験の場を提供し、ファミリー層を中心に楽しんでもらいました。新しいスポーツの魅力を皆さまにお届けしたかったので、張り切って運営させていただきました!

スラックライン
スラックライン
ボルダリング
ストリートダンス
ストリートダンス
ストリートけん玉
BMXフラットランド
BMXフラットランド
フリースタイルフットボール

皆さまから頂いた「声」を紹介

子ども達の変化に驚きました!

お客様の声

7歳と5歳の子ども達と参加しました。子どもが体験できるスポーツがいっぱいあり、楽しめました。家の中ではダンスして遊んでいますが、外で活発にするタイプではなかったので、ストリートダンスに夢中になっている姿に驚かされました。また来場したいです。


好きでやり続けたらプロを目指せる!

3人制プロバスケットボールチーム「KARATSU LEO BLACKS」
キャプテン
原 慎也 様

3人制バスケットボール「3x3」は、まだ認知度が低い種目ですが、球技の中ではガンガン点数が取れるスポーツです。“点が入る喜び・楽しさ”を皆さんにも知ってもらいたいので、ぜひチャレンジしてみてください!


「SAGA X-SPORTS FES」から新たなコミュニティを生み出したい

佐賀県
文化・スポーツ交流局 スポーツ課 副主査
江頭 優介 様

このイベントは、人気急上昇中のXスポーツを周遊しながら楽しめるのが魅力です。その魅力に触れる空間をここ佐賀の地で創出し、スポーツに興味を持つきかっけや、様々な交流が生まれる機会になることを期待しています。


まとめ

「SAGAスポ!」はスポーツを楽しむだけでなく、世代を越えた参加者の皆さまがプログラムを通じて体験・行動し、未来につなげることを趣旨に置き、2020東京オリンピック・パラリンピックの機運を高めることを目的に開催されました。JCSは、地域創世を視野に入れた明確な取り組みの一貫として、地元企業・自治体との繋がりを大切にしながら、イノベーティブなイベント企画を今後も積極的に展開して参ります。

このカテゴリの記事

MORE