コラム

2020.04.08

自動翻訳を使いこなせ!「AI翻訳」の未来トレンドを予測


自動翻訳は「契約書」「製品マニュアル」といった定型文の多い文書等を得意とし、訳文の精度だけでなく、料金・時間を踏まえた「業務効率化」に優れています。特に、医薬・金融・法務等は、相性が良い分野とされています。しかし、インターネット上の翻訳サイトは「誤訳が多く、不自然な文章になりやすい。」という先入観が定着してしまっているのが現状です。そこで、本記事では、目的に応じた「翻訳のベストプラクティス」について解説します。

文書との相性、多様化する有料サービス

近年では、AIによる自動翻訳の精度は飛躍的に上がり、対応言語も増加しており、ビジネス向けの「有料の自動翻訳サービス」は様々な種類がリリースされています。ディープラーニング(深層学習)の性能が向上している機械翻訳は、使用する人・企業ごとの「専門用語」や「文章のルール」をAIが学習し、ネイティブな翻訳と遜色のないクオリティを実現しているため、大手企業では導入が積極的に進んでいます。

翻訳者は必要?それとも不要?

AIによって人間の仕事が奪われるテーマがよく話題になります。では、翻訳者の存在もまた、自動翻訳によって不要になっていくのでしょうか?前段でもご紹介した通り、自動翻訳にも相性の良し悪しがあり、特に世界の言語の中で「難解」といわれている日本語は、微妙な言い回し・ニュアンス・文脈等の特徴を正確に翻訳することは、まだまだ技術的なハードルが高いです。よって、訳文前の原稿が「日本語」である場合、翻訳者(人)は、ビジネスにおいて現時点では必要不可欠な存在です。しかし、今後の技術革新(AIの進化)においては、考察が難しい側面もあります。

手間と費用を最適化、4つのメソッド

自動翻訳を導入するメリットは「翻訳の早さ」と「コストの削減」です。しかし、原稿内容と相性が悪いと、自動翻訳した後に手直しが発生し「人の手で翻訳したほうが良かった。」という失敗に繋がります。そこで、目的や内容に適した「翻訳の手法」を正しく選定することで、翻訳にかかる手間と費用を大きく改善することができます。

  • 「定型文」の多い文章が大量にあり、「内容が把握できる程度」に翻訳したい
    →自動翻訳サービスのトライアルを実施し、品質面の事前チェックを推奨しています。

    「専門性の正確さ」が求められる文書を、低コストで翻訳したい
    →翻訳会社によるチェックは行わず、そのまま訳文を納品する「ドラフト翻訳」がオススメです。

    「ネイティブな翻訳」が求められている文書を翻訳したい
    →訳文を母国語とするチェッカーによる文法・スペルの確認、さらに原文と訳文を照合確認する「2段階チェック」を推奨しています。自動翻訳が苦手とする要件になります。

    「広告やパンフレット」など、インバウンド向けに「訴求力を重視」して翻訳したい
    →翻訳した文章をリライトし、表現の質を磨く「高品質翻訳」が、優れたパフォーマンスを発揮します。

総括まとめ

翻訳における各手法の工程やスピード感、料金相場などは、ぜひお問い合わせ時にご相談ください。自動翻訳サービスが得意とする領域、または翻訳者それぞれの得意分野と実績を確認することで、目的に応じた「翻訳のベストプラクティス」を見つけることが可能です。

このカテゴリの記事

MORE