お知らせ

2019.10.29

「G20観光大臣会合」の運営全般を担当しました


10月25日(金)から26日(土)に北海道倶知安町 ニセコHANAZONOリゾートにて「G20観光大臣会合」が開催されました。G20メンバーだけでなく国際機関の代表団を加えると、計31カ国が参加する大規模な国際会議となり、各国間において積極的に意見が交わされました。世界の観光市場や各国の観光政策の動向等を踏まえ、観光分野の世界的課題について議論された同会合において、JCSは大臣会合をはじめとする通訳業務・運営全般を担当しました。

G20で「観光大臣会合」が開かれるのは今回が初となり、日本からは議長を務めた赤羽一嘉国土交通大臣、田端浩観光庁長官などが参加しました。大臣会合では、議長国として「SDGsに対する観光の貢献」をテーマに議論したい意向を示し、観光客の増加による自然・環境問題やインフラ・混雑対策といった「オーバーツーリズム」の問題についても話し合われました。同会合に続いて、地元高校生による農業体験を取り入れた観光についての提案が発表され、地域の自然や文化財を保護しながら観光を発展させていくため、訪れる人が多くの地域に分散する取り組みを盛り込んだ宣言を採択し、閉会となりました。

当社は、高級実務者会合や大臣会合、バイ会談および展示会などの設営・運営、大臣主催夕食会の設宴、警備、宿泊、輸送、参加者受付、プレスセンター、通訳者の派遣も含めた運営に関わる業務全般を担当しました。参加された方々及び関係各位のご協力に心より御礼申し上げます。

地元小学校のイラストが掲示されたウェルカムボード
地元小学校のイラストが掲示されたウェルカムボード
羊蹄山を背景にしたフォトセッション
赤羽大臣による冒頭挨拶
赤羽大臣による冒頭挨拶
観光資源が体験できるエクスカーション
チャペルを特設会場にしたバイ会談
チャペルを特設会場にしたバイ会談
倶知安農業高校によるハーバリウムの装飾

G20大阪サミットについて

G20の正式名称は、「金融・世界経済に関する首脳会合」(英語:Summit on Financial Markets and the World Economy)です。G20サミットは、メンバー国(アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、英国、米国)の19ヶ国に加え、欧州連合(EU)の首脳が参加し、経済分野を主要議題として開催される国際会議です。日本がG20の議長国となるのは今回が初となります。

開催日 2019年6月28日(金)、29日(土)の2日間
会場(予定) 大阪国際見本市会場(インテックス大阪)

関係閣僚会合一覧

  • 農業大臣会合
    2019年5月11日(土)、12日(日)
    開催地:新潟県新潟市

    財務大臣・中央銀行総裁会議
    2019年6月8日(土)、9日(日)
    開催地:福岡県福岡市

    貿易・デジタル経済大臣会合
    2019年6月8日(土)、9日(日)
    開催地:茨城県つくば市

    持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合
    2019年6月15日(土)、16日(日)
    開催地:長野県軽井沢町

    労働雇用大臣会合
    2019年9月1日(日)、2日(月)
    開催地:愛媛県松山市

    保健大臣会合
    2019年10月19日(土)、20日(日)
    開催地:岡山県岡山市

    観光大臣会合
    2019年10月25日(金)、26日(土)
    開催地:北海道倶知安町

    外務大臣会合
    2019年11月22日(金)、23日(土)
    開催地:愛知県名古屋市

このカテゴリの記事

MORE