オンライン通訳

即日対応可、あらゆるWeb会議システムに対応

 

お問い合わせ

Web会議システムと連動した遠隔通訳[id="01"]


Web会議やテレビ会議のニーズ増加に伴い、実践的なオペレーションを重ねて“高精度”を追求した「オンライン通訳」をご利用いただけます。国内・海外を問わず複数の拠点間にて、少人数から大型会議まで対応したリモート環境の通訳を提供しています。あらゆるWeb会議システムに対応したオンライン通訳は、高価で大がかりな専門機材・受信機などは不要なので、準備にかかる手間やコストの削減が可能です。


Web会議システムとの互換性[id="02"]

JCSはサミット等の国際会議で実践した同時通訳の経験を活かし、高度で専門的な領域においても正確な意思疎通に適した「オンライン通訳」を提供しています。お客様が利用しているWeb会議システムとの併用・連動が可能なので、インターネットが繋がる環境であれば、場所を問わずにサービスを利用することができます。

  • Zoom

  • Microsoft Teams

  • Cisco Webex

  • Google Meet

  • Skype

  • GoToMeeting

  • Messenger

  • Whereby


通訳者をコーディネート[id="03"]

世界の公用語カバー率は99%以上。業界トップクラスの2,000名以上の通訳者が登録し、分野ごとに専門性の高い通訳者を手配できます。
JCSならではのグローバルネットワークで、海外の通訳者を紹介することもできます。政府間交渉や経営者会議、シンポジウム等、これまでの豊富な経験と歴史に基づき、最高水準の通訳クオリティを実現いたします。

JCSが手掛ける通訳の36%はIT関連です。このほか国際会議をはじめとするグローバル企業の1社専属通訳エージェント契約、パートナー契約など複数社と締結しています。また、バイオテクノロジーや医学の分野も得意としており、大規模学術集会の通訳は当社が70%を担うなど、圧倒的なご支持をいただいております。そのほか、エネルギー、環境、自動車、半導体など、国内外から幅広い分野の通訳をご依頼いただいております。

  • IT・通信

    2,700件/年

  • 医学・製薬

    1,000件/年

  • 金融・IR

    1,200件/年

  • 半導体

    1,000件/年

  • 政治・経済

    500件/年

  • 環境・エネルギー

    800件/年

  • スポーツ・娯楽

    300件/年

  • その他

    500件以上/年


ご利用の流れ[id="04"]

  • STEP 1

    お問い合わせ

    • 日時・場所に加え、内容・目的・規模・ご希望のWeb会議システムについて、通訳コーディネーターがお客様のご要望を確認します。
  • STEP 2

    お見積もり

    • 通訳者のクラスや、オンライン通訳の運用プランをご提案します。
    • 通訳者のスケジュールや実績を確認し、的確なマッチングを行います。
  • STEP 3

    ご発注・準備

    • ご発注後に、当日使用されるアジェンダや詳細資料などをご提供いただきます。通訳者の事前準備のために使用いたします。
  • STEP 4

    通訳当日

    • お客様が希望された時間に、通訳者がスタンバイいたします。
      必要に応じて、通訳コーディネーターは現場をサポートします。
  • STEP 5

    フィードバック

    • 会議終了後、通訳者のパフォーマンスやコーディネーションに関するご要望、改善点などがございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。

会社概要[id="05"]

日本コンベンションサービス株式会社は、1967年に創立した国内初のコンベンション運営会社です。MICEにおける国際会議の企画・運営をはじめ、通訳や翻訳、人材派遣、行政事務、施設運営など、コミュニケーション全体を担う事業を展開しています。

会社名 日本コンベンションサービス株式会社
創立 1967年(昭和42年)12月7日
代表者 代表取締役社長 近浪弘武
資本金 1億円
年商 127億円(2020年3月)
従業員 335名(2020年3月)
事業概要 語学サービス(通訳・翻訳・文字起こし)
コンベンション
人材サービス
まちづくり
MICE都市研究所
グループ会社 株式会社ジェーシーエス・コミュニケーションズ
MCI-JCS Japan株式会社

お問い合わせ[id="06"]