ニュース

横浜商科大学にて「学術会議とデータ分析」について講義を行いました

2017/07/14

7月5日、横浜商科大学(横浜市鶴見区) 商学部 観光マネジメント学科の「実践MICE講座」にて、コンベンション事業部マーケティング部の長崎琢哉が「学術会議とデータ分析」について講義を行いました。
 
なぜ学術会議はデータ分析を必要とするのか、学術会議から収集するデータとPCOの役割、これからのデータ活用などについて説明しました。
 
実践MICE講座では、当社社員が講師を担当し、MICEの基礎知識から、IR、国際会議、医歯薬学会、通訳・翻訳、展示会、コンベンションビジネスと地方創生、自治体との連携まで、学生に幅広くMICEについての理解を深めてもらうことを目的に取り組んでいます。
 

関連ニュース

7/4 「会議場の運営」について 

6/30 「Certified Meeting Professional(CMP)」について 

6/19 「展示会の運営」について 

6/9 「コンベンションビジネスと地方創生、自治体との連携」について 

6/2 「国際会議を支える通訳・翻訳の業務」について 

5/26 「世界最大のコンベンションカンパニーMCIの業容」について 

5/19 「医歯薬学会の仕事」について 

4/20 「IR設置による観光産業への影響」について

4/5 横浜商科大学 商学部 観光マネジメント学科にて、当社社員が「実践MICE講座」の講師を務めます

データ分析と活用方法を解説する長崎社員